「サイダーは和製英語!?」英語でサイダーを頼むとアルコールがでてくるかも

英語でサイダーを頼むとアルコールがでてくる 【CANADA Working Holiday(ワーホリ)】


日本でいうサイダーといば、三ツ矢サイダーやラムネ、コーラなどのノンアルコール炭酸飲料をイメージする方は多いのではないでしょうか。

でも実は、「サイダー」は和製英語。


remco
こんにちは、れむこです。
先日、カナダ・ソルトスプリング島にある「Wild cider」っていう店で人気のアップルサイダーを注文したら、これがまさかのアルコール(ビール味)。想像してたアップルサイダーと違う!という衝撃から気になったので調べてみました。


しろくま
じゃあ英語で「サイダー」を注文したい時はなんていうの~?


remco
英語で「サイダー(ノンアルコール)」のことを言いたい場合、「soda(ソーダ)」「soda pop(ソーダポップ)」のように言えますよ!







カナダ・ソルトスプリング島ってどういうところ??気になるあなたはこちらからどうぞ(‘ω’)
1日旅"神秘の島" カナダ・バンクーバーの観光名所 ソルトスプリング島へ日帰り旅

1日旅【神秘の島】カナダ・バンクーバーの観光名所ソルトスプリング島へ日帰り旅

「サイダーは和製英語!?」英語でサイダーを頼むとアルコールがでてくるかも

サイダーとシードルの違い


「サイダー(cider)」と似た名前で「シードル(cidre)」という名前があります。


「サイダー(cider)」は一般的にアメリカやカナダなどで呼ばれている名称で、ノンアルコール又はアルコールで生絞りの濃いめのリンゴジュースのようなもの。

一方で 「シードル(cidre)」は、ヨーロッパで呼ばれる名称でりんごを発酵してつくられるのアルコール飲料として分別されているようです。



remco
アメリカやカナダでの「サイダー(cider)」はアルコールの場合もあれば、ノンアルコールの場合もあるみたいだけど、 サイダーもシードルも「りんご」を使った飲み物であることは変わりないようですね!



りんごを使ったフルーティな味わいで後味さっぱりのサイダーは、アルコールが苦手な人でも挑戦しやすいですよ。

日本ではりんごを使ったお酒は「シードル」として知られています。




またひとつ勉強になりました。

あなたも、ぜひ試してみてくださいね(‘ω’)!