【ワーホリ生体験記】長距離バスで行くカナダ国内旅行(バンクーバー⇔バンフ)その様子と快適に過ごすためのアドバイス

【CANADA Working Holiday(ワーホリ)】


しろくま
・バンクーバーからバンフへのバス移動について情報を知りたい
・どのくらいの時間と費用がかかる?
・バス酔いしやすいんだけど、バス内でのおすすめの過ごし方はある?


そう気になっている方に見ていただきたい記事です。



✔この記事でわかること

・実際に利用したバス会社
・バス移動でかかった時間と料金
・バス車内の設備やサービス
・移動の様子とアドバイス
・【バス酔いしやすい方へ】快適に過ごすためのコツ

実際の体験をもとに、バンクーバー⇔バンフ移動について気になるであろうところを中心にまとめました。
バスでの移動を検討している方はぜひご参考ください(^^)





【ワーホリ生体験記】長距離バスで行くカナダ国内旅行(バンクーバー⇔バンフ)その様子と快適に過ごすためのアドバイス

banfff

 


バンフはカナダのアルバータ州に位置しており、世界遺産でもあるロッキー山脈国立公園内ある街。
雄大な自然が広がるバンフは、夏は登山、冬はウィンタースポーツを楽しめるリゾート地としても有名です。





バンクーバー⇔バンフの行きかた。一番安くて速いのは車!


バンクーバーからバンフへの移動手段としては、主に以下の4つがあげられます。

・車での移動(約8~9時間)
・長距離バスでの移動(約12時間~14時間)
・飛行機での移動(カルガリー空港まで約1時間半→その後バス/車で約2時間)
・列車での移動(約17~18時間)



今回はその中から、バスでの移動についてピックアップしていきます。




長距離バスで行くカナダ国内旅行(バンクーバー⇔バンフ)その様子を紹介

 

利用したバス会社

今回利用したのは、Rider Express(ライダーエクスプレス)というところです。
その特徴とバス内のサービスについては以下のとおり。※2020.09時点

利用したバス会社
Rider Express
電話番号: 1-833-583-3636
Eメール: contact@riderexpress.ca
HP: https://riderexpress.ca/(英語)


✔Rider Express長距離バスの特徴
・大型バス
・料金は片道$150(税込)
・バンクーバーからバンフまで片道約12時間
・移動中に2か所で30分休憩あり
・預け荷物は2つまで無料(3つ目からは1つ$20)


✔バス内のサービス
・Wifi
・コンセント
・エアコン
・トイレ
・ドリンクホルダー
・網ネットあり
・リクライニング(あまり倒れない)





長距離バスでの移動 出発~到着までの経路


バンクーバーからバンフ到着までは以下の経路を通ります。






長距離バスでの移動 出発~到着までの様子


AM8:00
①集合場所へ到着(※希望の集合場所や出発日によって時間は変動する場合があります。)
②オペレター(運転手)から出発前に挨拶と説明がはいる

主に以下の点について説明がはいります。

・タバコやアルコールなどは車内では禁止
・マスク着用(コロナ感染対策のため)
・シートベルト着用 
・緊急避難口について など

 


アドバイス
✔休憩ポイントまでは遠いので水はもっていくこと
✔朝食がまだの場合はなにか持参しておくのがおすすめ
✔酔いやすいかたは酔い止め薬を




11:20~11:50
休憩ポイント①(30mim)

利用できる施設:バーガーキング、コンビニ、ピザ・サンドイッチ・コーヒーが販売している店、トイレ

アドバイス
✔必要に応じて食品を購入
✔休憩先のトイレは比較的綺麗。車内のトイレに抵抗があるなら休憩先で済ませよう。
✔車内を出て軽くストレッチ
✔店内飲食も可(ただし時間には気を付けて)




18:00~18:30
休憩ポイント②(30min)


利用できる施設:コンビニ、ジャパレス、トイレ


アドバイス
✔必要に応じて食品を購入
✔休憩先のトイレは比較的綺麗。車内のトイレに抵抗があるなら休憩先で済ませよう。
✔車内を出て軽くストレッチ





20:30
バンフへ到着





長距離バスでの移動 出発~到着までの経路


基本的には同じルートを反対にした順でバンクーバーへ戻っていきます。





remco
わたしの場合は、帰りのバスのピックアップが23:00頃。バンクーバーへの到着は翌日の朝10:00頃だったので帰りの車内はほぼ寝て過ごしました。



✔帰りの深夜バスは乗客(若い人)も多くいたので貴重品の管理には十分注意


ちなみに時期もあってか、日本人らしき乗客は一人もおりませんでした。


長距離のバス移動はやはりしんどい。
態勢を変えながら少しでもリラックスした状態で目的地までおすごしください。




【バス酔いしやすい方へ】快適に過ごすためのコツ


【バス酔いしやすい方へ】快適に過ごすためのコツ
✔まぶたを閉じる
✔スマホやPCの画面を見過ぎない
✔遠くをみる(山のてっぺんとか)
✔進行方向をみる
✔座席はタイヤの上を避け揺れを回避(タイヤの上は揺れやすい)
✔お腹を空かさない(満腹すぎても✖)
✔水は常備
✔ハイチュウやグミ、ガムなど唾液分泌を促すものを常備
✔最終兵器!酔い止め薬を飲む

remco
わたしはバス酔いがひどいのでこれらをすべて実行しながらなんとか耐えました。 移動時間が朝~夕方でかつ晴れていれば、バンフへ向かう道中の景色も綺麗なのでぜひそちらも楽しめるといいですね!
しろくま
いやいや、バス酔いひどいのになんで長距離バスで行ったよ??
remco
いろいろとハプニングがありまして急遽バス移動になりました…あなたも気を付けて。カナダ国内旅行で搭乗拒否をされた理由についてはこちらから▼

カナダの国内旅行でパスポートは必要?とある事情でパスポートのコピーとビザを提示したら搭乗拒否されたはなし




\最後に、運転手さん長時間本当にありがとう!THANKYOU SO MUCH !/




【写真あり】スターバックス発祥地・2泊3日シアトルのおすすめ観光モデルプラン

【写真あり】スターバックス発祥地・シアトルのおすすめ観光モデルプラン(2泊3日)

砂漠地帯を走る車

\壮大な景色に感動!!/世界遺産グランドキャニオン&アンテロープ日帰りツアーに参加しよう

1日旅"神秘の島" カナダ・バンクーバーの観光名所 ソルトスプリング島へ日帰り旅

1日旅【神秘の島】カナダ・バンクーバーの観光名所ソルトスプリング島へ日帰り旅